コンテンツへスキップ

灯台下暗し

毎日使っているメガネのパッド、裏側がひどく汚れています。(パッド:鼻にあたる部分)
表は時々拭いていますが裏側は分解しないときれいになりません。
ネジを外して爪楊枝とティッシュでほこりやネジの緑青を拭きとりました。

メガネを使用している際、パッドは視界に入りません。
同じようなケースでパソコンの周りや内部もほこりが溜まっていることがあります。
ディスプレイは毎日見ても本体はあまり意識していません。
目の届かない箇所は、定期的に確認する必要があります。

製造現場では、設備や工具の使用後にウエスで拭いたり注油したり手入れしておけば、
次に使用する際に良い状態で使えます。
手入れをすれば不具合に気が付きますし寿命も長くなります。
いつも良い状態で管理されていればいざと言う時に慌てなくてすみます。

私は学校でこのことを教わりました。
旋盤やフライス盤を使う実習では、設備、工具、床は使用後に清掃を行い使用前の状態に戻すことと厳しく指導されました。先生は使用前よりもきれいにしなさいと言ってたかな…

清掃や手入れは習慣づけが必要です。私は実習で先生に厳しく指導していただいたおかげで就職して工場で働くようになってからずいぶんと役に立ちました。

日常生活でも、製造現場でも
モノを使いたいときに使える状態にしておくためには普段からの手入れが大切ですね。