コンテンツへスキップ

RPA

それまであまり耳にしなかったキーワードを、ネット記事や数人の口から同時期に聞くことがあります。

今なら RPA(robotic process automation)でしょうか。
書店に特集コーナーができていました。
人手不足や効率化のために生産現場にロボットを導入する動きがありますが、こちらはホワイトカラーの自動化です。

WEBから情報を収集する、システム間のデータのやりとりなど実際の操作を覚えさせて自動化するものでExcelのマクロと似た方式です。

中小企業の場合、事務スタッフが1人だけあるいは社長自身が担っていることもあります。帳票類の作成、会計処理、ひとつひとつは単純な操作でも数が膨大だったり、月末の限られた時間内に煩雑な処理を行うケースなど自動化できれば負担が減ります。


導入コストに見合う効果が得られるか検証が必要ですが
自動化で「時間」が生まれます。

私自身は、プログラムを組んで
・WEBサイトにログインして情報を確認
・Excelシートの集計結果を毎日メールで送信
・ワンタッチで作業フォルダのバックアップ
など自動化しています。

定型作業に時間をとられているのなら自動化をおすすめします。