コンテンツへスキップ

自転車のタイヤがすり減りヒビが出てきたので交換しました。

前輪を外し手で持ってまわしてみるとゴリゴリした感触がします。車軸の玉押しを強く締めすぎているようです。
分解洗浄してグリスアップ、玉押しの調整をしました。後輪はギア部分を外すための専用工具が必要なので今回は見送り。
自転車は知人から譲り受けたもので今まで整備された形跡はありませんでした。出荷時からゴリゴリしていたのかも。

前輪の玉押し調整した結果、今まで漕ぎ始めが重く感じていたのが軽くなりました。すーっと前に進んでいきます。
回転する部分にガタや抵抗があると走行性能に大きく影響します。今後も定期的に点検して整備しようと思います。

ちなみに今回外したボールベアリングの直径は約4.8mmでした。こんなに小さな玉の接点で自転車と私の体重を支えていると思うと驚きです。

点検するといろいろな箇所に目を通すことになります。「良い状態」を知っていれば異常に気がつきますね。


車輪、玉、軸に分解

写真では玉が19個ありますが片側10個なので20個必要。1個床に落ちているのを無事発見!!


グリスアップ

チューブとリムテープのセットだったのでそれも交換。
タイヤ組み付け後にブレーキ調整。

テレビで冷蔵庫周りの掃除の仕方を紹介していたので早速やってみました。
冷蔵庫にはキャスターが付いているものが多く移動させるのは簡単とのこと。

我が家の冷蔵庫の説明書を確認したところそのような構造になっていました。
冷蔵庫を持ち上げないとできないんじゃないかと思い今まで手をつけていませんでしたが簡単に掃除できそうです。

20111211-104205
底部のカバーを外すと調整部(黒い丸の部分)があります。
20111211-104212
調整部を緩めて冷蔵庫を手前に引くとスルスルと動きました。
20111211-104226
ほこりがたまっていますね。

冷蔵庫の裏側には吸気口と排気口がありましたがここにもほこりがびっしりついていました。
ほこりで覆われていると効率が悪そうです。
20111211-104219
冷蔵庫裏と床をきれいにして終了。

年末には職場の掃除をされると思いますが普段手の届かない場所の掃除や設備の点検をする良い機会です。
きちんとメンテナンスをして新しい年を迎えましょう。

毎日使っているメガネのパッド、裏側がひどく汚れています。(パッド:鼻にあたる部分)
表は時々拭いていますが裏側は分解しないときれいになりません。
ネジを外して爪楊枝とティッシュでほこりやネジの緑青を拭きとりました。

メガネを使用している際、パッドは視界に入りません。
同じようなケースでパソコンの周りや内部もほこりが溜まっていることがあります。
ディスプレイは毎日見ても本体はあまり意識していません。
目の届かない箇所は、定期的に確認する必要があります。

製造現場では、設備や工具の使用後にウエスで拭いたり注油したり手入れしておけば、
次に使用する際に良い状態で使えます。
手入れをすれば不具合に気が付きますし寿命も長くなります。
いつも良い状態で管理されていればいざと言う時に慌てなくてすみます。

私は学校でこのことを教わりました。
旋盤やフライス盤を使う実習では、設備、工具、床は使用後に清掃を行い使用前の状態に戻すことと厳しく指導されました。先生は使用前よりもきれいにしなさいと言ってたかな…

清掃や手入れは習慣づけが必要です。私は実習で先生に厳しく指導していただいたおかげで就職して工場で働くようになってからずいぶんと役に立ちました。

日常生活でも、製造現場でも
モノを使いたいときに使える状態にしておくためには普段からの手入れが大切ですね。

息子の自転車がパンクしたので修理することにしました。
後輪がすり減ってパンクしたようです。後輪の修理は初めての経験。

・リム、タイヤ、チューブに分解
20100830 (1)

・パンクを修理。修理キットは以前購入したものがありました
20100830 (2)

・すり減ってビードが出ています。左は購入したタイヤ
20100830 (3)

・20インチです
20100830 (4)

・車軸、変速、ブレーキ、空気、ヨシ!
20100830 (5)

今回の修理のプロセスは、
 設計: 後輪の修理の仕方を調べる
 調達: 部品、工具で不足するものを購入
 作業: 分解、パンク修理、組立

結果は、
 品質: 走れるようになりました
 費用: タイヤ代、私の工賃、購入のためのガソリン代
 時間: 設計、調達、作業で正味150分くらいでした

お店に修理に出した場合はどうでしょうか 
 品質: 専門知識と経験があるので安心、安全
 費用: 部品代、工賃、運搬費用
 時間: 運搬、作業の時間

品質、費用、時間をトータルすると1台だけ修理するならお店に出した方が断然お得です。

しかし、今回修理したことで私にはノウハウが残ります。専門の方との差は大きいですが、経験を積めば品質は上がり時間も短縮されるでしょう。

自分でやるのと、専門業者に頼むのとどちらが優位なのかは、数量や求める品質、費用、時間によって変わります。

20100830 (6)
息子よ安全に乗ってくれよ

shoes

「足元を見る」相手の弱みにつけこむこと という表現があります。

お客さまを訪問した際に靴を脱ぐことも多いため、梅雨の雨で汚れてしまった靴を磨きました。

大きなキズはないか、かかとは磨り減っていないか、チェックしながらブラシでほこりをはらい、クリームを塗り、最後に古ストッキングで艶出し。
日々お世話になっている靴のメンテナンスです。

工場の設備でも日々のメンテナンスを行うことで性能を維持し、早期に異常を発見することが可能になります。

私が入口で脱いだ靴をお客さまが見ます。私も工場内の床や設備の様子を見ます。
足元を見られないようにしないと。

磨かれた靴は照りが出て光っています。クリームのいい匂いがしました。