コンテンツへスキップ

今年担当していた創業相談窓口には間もなく創業予定の方だけでなく、近い将来創業を志す方からの相談もありました。

例えば製造業、金属加工の場合は初期投資が大きく経験がないと難しいのですがごく稀に相談があります。
金属加工以外の製造業、個人でも購入できる価格帯で手に入る3Dプリンタが出てきているのでこの分野の創業相談は増えています。

小売業、サービス業は、初期投資が製造業ほど大きくないので始めやすいと言えます。
よって、数は多くなります。数が多いということは競合も多くなるので、今から始めるのなら立地条件が良く新しさ・珍しさがないと埋もれてしまうでしょう。

どの業種であっても共通しているのは、開業資金が必要なこと、そのビジネスに対する経験と情熱を持っていることです。
情熱がなぜ必要なのか、苦しいときでも諦めずに続ける原動力になるからです。

今年もあと僅か、昨年から今年にかけてたくさんの創業者とお会いしてきました。
仕事が落ち着いたら窓口に来て良い報告を聞かせてくださいね。困っている方はどうか早めに相談に来てください。

寒い日が続きます。
温かくして新しい年を迎えましょう。
IMGP4888

平成27年度の経済産業省の概算要求が公開されました。

中小企業関係の概算要求を見ると
→PDF

創業・第二創業促進補助金
革新的ものづくり産業創出連携促進事業

など今年公募があった補助金と似た名前が並んでいます。
現時点では予算総額しか分かりません。

補助金イヤーはまだ続きそうです。

インターネット回線や高性能な電子機器が普及してきたことで、それらを活用したビジネスのご相談を受けることがあります。

技術系のニュース記事でよく取り上げられるものは、基本の技術や周辺の話題について調べるようにしています。
初めは個人的に興味が湧いて調べるのですが、後々になってその情報が役に立つことが多々あります。

過去に記事にした、3DプリンタやArduinoなどがそうです。

3Dプリンタ

Arduino

今気になっているのはマルチコプターを使った空撮ですが、ビジネスの話もチラホラ聞くようになりました。

撮影可能なマルチコプターの手頃なモデルは数万円で手に入ります。
商用で考えた場合は、品質や耐久性など十分ではありませんし、運用のノウハウも要ります。

3Dプリンタもマルチコプターも、最新技術を体験するハードルは下がりました。
最低限のハードが低価格で手に入るということは他者も参入しやすい状況です。
ハードだけでなくソフト面で何らかの強みを持っていると優位に立てます。
収益を得るにはそれなりの投資とノウハウが必要です。

keybord

この週末は支援先の「ものづくり補助金」の申請書類作成にじっくり取り組みました。

メーカーではない下請けや加工専門の製造業の場合、
審査項目にある技術面については比較的書きやすいのですが
エンドユーザーと直接の接点がないので事業化面の記述が弱くなってしまいます。

公募要領の
”事業化に向けて、市場ニーズを考慮するとともに、補助事業の成果の事業化が寄与するユーザー、マーケット及び市場規模が明確か”
をヒントに考えてみました。

市場規模、市場ニーズについては業界紙の統計データを用いて記述しました。
ユーザー、マーケットは、製造する品物の特性や販売チャネルなどから絞り込みを行いました。

補助金の申請書類は、公募要領やQ&Aなどの資料をよく読んで作成することが重要です。

提出締め切りは2週間後、
今日作成したものをベースに社長さんと作り込んで採択を目指します。

平成26年7月22日付で経営革新等支援機関(認定支援機関)に認定されました。
excel file

認定支援機関について中小企業庁のWEBサイトで以下のように説明されています。
「本制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や中小企業支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を「経営革新等支援機関」として認定することにより、中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。」
リンク

既存の中小企業支援者である都道府県中小企業支援センター、商工会議所、商工会、中小企業診断士。
そして、新たな中小企業支援者としての活躍が期待される金融機関、公認会計士、税理士、弁護士などが認定の対象です。

中小企業診断士は、既存の中小企業支援者に位置づけられていますが登録には一定の支援実績を証明する必要があります。
過去に支援実績のある企業にお願いして証明書を発行していただきました。
また、申請書類作成にあたり周囲の方々にご協力いただきました。
どなたも快く協力してくださり大変感謝しております。

認定は目標でなく今後さらに活動の機会を得るための手段です。
中小企業のお役に立てるよう気を引き締めて行きます!