強みと弱み

お客様から相談を受けヒアリングをしていると
「弱み」については他社と比較して評価しているのに
「強み」を過小評価していることがあります。

新事業や新商品・サービスを立ち上げる場合、強みを発揮できる取組を行うのが定石です。

自社の強みが何であるかは他社との比較、需要の有無などから考える必要があります。
ヒアリングをしながら一緒に考えていくと自社では当たり前に行っていることなので特別なことではない、強みとして認識していなかったということが多々あります。

弱みの部分は目をつぶるという選択肢もありますが、克服しようとするのであれば自社に無いものを取り入れるか新たに習得する必要があり時間がかかります。

強みを生かす・伸ばす、弱みを克服するために資金調達を行う場合、事業計画書の提出を求められます。
強み、弱み、機会、脅威によるSWOT分析を行い進むべき方向が明確になっていないと調達は困難です。

もうすぐ新年度、新しい取組を検討されている方は是非一度ご相談ください。

>サービス料金・連絡先はこちらから

koichiさん(@koichibaba)がシェアした投稿